「ライツ - 精密ツール」の名で世界の市場/テクノロジーを牽引するオーバーコッヘンの企業は、「世紀のブランド」として名を連ねる栄誉にあずかりました。ルフトハンザ、メルクリン、ヒップなど、社名自体が製品の象徴的ブランドとなっている数多くの世界的有名企業と肩を並べたのです。「世紀のブランド」は国際的に認められた品質保証マークで、ハンブルクのZeit-Verlag出版社の代表として選考委員によって選出されます。各業界でトレンドセッターやパイオニアとして数十年にわたり活躍し、その品質やイノベーション、スタイルなどによりブランドが広く一般に知られている企業が授与の対象となっています。

「ライツが「世紀のブランド」の認定を受けたことを非常に喜ばしく思います。」と語るのは、ライツの諮問委員会会長兼企業グループ共同出資者であるDr. コーネリア・ブルックラッハー。「同族経営企業である私たちにとって、140年以上続く当社の業績への大きな評価として受け止めています。また、これは当社従業員への評価でもあります。お客様にご満足いただき、お客様の経済的成功をサポートするため、何世代にもわたって日々業務にベストを尽くしてきました。そうした従業員の多大な貢献があったからこそ、木材・プラスチック加工分野における高品質、イノベーション、お客様目線で考える信頼性の象徴として、製造サービスプロバイダー「ライツ」の名前が世界的に広まったのです。」

「独特の歴史を持つ「世紀のブランド」の数々は、時に数十年にもわたって顧客の信頼を得てきました。そのような成功したブランドを称え、彼らのストーリーを知って欲しかったのです。」そう語るのは、ブランド・ブックを生み出したテンプス・コーポレート社の取締役社長、カイ・ヴッテ。「世紀のブランド」は、2022年2月10日ベルリンで出版記念を祝います。同書の企画では、何段階かに分かれた選考過程において、ドイツ全土から1,000社以上の同族経営企業の評価が行われた後、出版が承認されました。

オーバーコッヘンの世界市場リーダーにとって、この賞は名誉なことであると同時に意欲を高めるモチベーションとなります。信頼性、お客様第一、パートナーシップ、イノベーションの強み – これらがいかに大切なことかはライツの企業およびブランドとしての成功が物語っています。「世紀のブランド」の受賞は、その見事なまでの裏付けであると同時に、将来への大きな励みとなっているのです。