ラミネート、寄木張り

弾力性と安全性、多様な加工条件

改築や建物を建てる時、フローリングは理想の生活スペースを実現するインテリアデザインの基本です。 素材や色によって部屋ごとに雰囲気が異なります。 しかし、見た目だけで床材を選ぶわけではありません。 衛生面、弾力性、個々のスペースの使用における要件は、床材の選択においてますます重要な役割を果たしています。 設置の手軽さや品質も消費者が適切な床材を選ぶ際に、重要な要素になっています。

無垢材、樹脂材、複合材を使用するフローリング大量生産メーカーにとっての課題は、製品の需要と同じくらい多様です。


ラミネート、LVT、SPC、寄木張り加工

ラミネートフロアは、HDF、MDF、紙化粧貼り、メラミン樹脂、保護コーティングなど、さまざまな素材で構成され、ホットプレスにより層状に結合しています。 ラミネートは通常大判パネルから加工されます。このラミネートは無垢材と似た特性を持っていますが、加工するとなると決して簡単ではありません。

SPC、WPC、LVTとも呼ばれるビニールの床材は厚い樹脂層と印刷された装飾デザインで構成される床材です。 柔軟性が高く、耐荷重性に優れているため、主にジム、公衆トイレ、個人宅やガレージで使用されています。 樹脂の比率が高いため非常に弾力性がありますが、その材料特性により加工には特有の課題をもたらします。

無垢材フローリングは完全に無垢の木材から切り出され非常に高品質な木材のみで作られています。 寄木張りフローリングは、無垢材または木材に上質の化粧材を貼り付けた床材です。 どちらのタイプの無垢フローリングにも独自の特性があり、弾力性が高く非常に長期間使用できます。 無垢材または寄木張りのフローリングには実加工をする必要があり、敷く場合と床にしっかり接着する場合があります。


カスタマーサービス
連絡先
045-533-3020
045-533-3021 (FAX)
〒223-0059
神奈川県横浜市港北区北新横浜2-7-2
日本
このページを推奨