加工材の特性にあわせた特別なソリューション

最適に調整された加工プロセスとツールが成功に導きます

様々なプラスチックに注目すると、そこには数えきれないほど多様な材料、加工方法、用途があります。 主な違いは、熱可塑性プラスチック、熱硬化性プラスチック、エラストマー(ゴム系等)のグループに分けられます。 各グループにはそれぞれ独自の特性があり、グループ内でも個別の材料には異なる特徴があるため、機械加工時には考慮しなければなりません。

ライツは加工材と加工プロセスにあわせて個別に調整したツールソリューションのみが品質、効率及び安全性の面から最適な加工をもたらすことを知っています。ライツは標準品だけでなく、個別にカスタマイズできるツールシステムソリューションで多くのお客様に大変ご満足いただいております。


熱可塑性プラスチック

特殊な加工材

熱可塑性プラスチックの機械加工では、特殊な刃と刃袋の形状に加え、プロセスパラメータの選択が非常に重要です。 アクリルガラスなどの透明なプラスチックには特別な用途があります。 ワークピースの全体的な外観を損なわないなめらかで傷のない切削が最も重要です。 これらは、適切な形状と刃の素材を備えた特別な加工ツールによって可能になります。

ライツはパネルカット、外周加工の分野で、また、アクリルガラス(PMMA)、ポリカーボネート(PC)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)などの座ぐり及び貫通穴の加工において、実証済みのさまざまなツールソリューションを提供しています。


熱硬化性プラスチック

特殊な性質の加工材

熱硬化性プラスチックは通常もろくて硬い加工材です。 加工中の温度はあまり重要ではないため熱可塑性プラスチックより高速な加工が可能です。 もろくて硬い材質と内部の繊維による抵抗のため、熱可塑性プラスチックとは異なる工具の形状と刃の素材が必要で、ダイヤモンドの刃が適しています。 

熱硬化性プラスチックの典型的な例として、メラミンまたはフェノール樹脂含侵化粧紙で作られたコンパクトラミネート、高圧ラミネート(HPLラミネート)、またはプリント基板(PCB)などがあります。


ミネラル混入材

多用途かつ高い耐久性

最もよく知られているミネラル混入材は人工大理石コリアンで、3分の1のアクリルガラス(PMMA)と3分の2の水酸化アルミニウムを主成分とする天然鉱物で構成されています。 用途は多様で薄い装飾用から、中程度の厚みのワークトップ、より厚みを必要とするカバー、外壁、テーブル用まで多岐にわたります。

ミネラル混入材は、従来の木工用加工ツールで加工できます。 総合的なツールを備えたライツは、様々な機械加工に最適なツールソリューションをご用意しています。


ダウンロード

pdf
先端素材 – 専門的なプロセスソリューション
タイプ: 製品情報
カテゴリ: 先端素材
pdf
PMMA(アクリル)用ツール
タイプ: 製品情報
カテゴリ: 先端素材
カスタマーサービス
連絡先
045-533-3020
045-533-3021 (FAX)
〒223-0059
神奈川県横浜市港北区北新横浜2-7-2
日本
このページを推奨