機械メーカーのSCM社は、パネルサイジングソーのOEMサプライヤーとしてライツを選択しました。 今後、ガビアーニシリーズのすべてのラインに、オーバーコーヘンの世界市場リーダーであるライツのチップソーが装備されます。これによりMDF、チップボード、パネルボード、ムク材加工業者の日常作業により高い品質、柔軟性、持続可能性をもたらします。

約1年前、SCM社はパネルサイジングソーに適したツールパートナーを見つけるための比較検討プログラムを開始しました。 目的は「極めて優れた製品であることはもちろん、可用性と信頼性の点でもSCM社顧客の高い要求に応えるメーカー」を決めること。 ライツのチップソーは多くの材料および加工テストで優れた結果を示し、契約を獲得しました。 SCM社経営陣は、ライツグループのグローバルな販売・サービスネットワークは、世界中で活躍するイタリアの機械メーカーである彼らのネットワークと完全に一致していることも考慮しました。 この提携を通じてSCM社の顧客はライツ製品のメリットを享受し、世界中のライツのサービス拠点で摩耗した工具を最短で復元するメーカー品質のサービスをご利用になることもできます。

ライツはSCM社の今回の決定に非常に満足しており、ユーザー指向の開発における理想的な基盤としてツールメーカーと機械メーカーのさらなる緊密な協力を考えています。

ライツのパネルサイジングソー
ライツは2年前にパネルサイジングソーシリーズを全面的に改良しました。以降、パネルサイジング技術における鋸切断の品質基準を設定してきました。ライツはその製品レンジで重ね切りから個々のパネル切断まであらゆる要件に適したツールを備えています。ユーザーはすべての材料で完璧な切削品質、大幅なノイズの低減、再研磨サービス、最大30%長い工具寿命というメリットを享受できます。